会社案内(予備)

about us

ストーリーを作らずして、100年企業は作れない。

会社の経営には、三つの「よりどころ」が必要です。
一つ目は、外部の人々に会社の良さを伝え共感してもらうための「ブランドのよりどころ」。
二つ目は、そこで働く社員が自社について理解し実践するための「組織文化のよりどころ」。
三つ目は、経営者であるあなた自身がぶれない判断を行うための「経営戦略のよりどころ」。
よりどころなしに会社は長く存続できません。
意思決定の判断基準が属人化され、風まかせの凧のように方向性が行き当たりばったりになってしまうからです。
よりどころの材料となるエッセンスは、どの会社にも必ず眠っています。しかし、必ずしも目に見える形を与えられ、明文化され、あるいは共有されているとは限りません。
私たちの仕事は、会社に眠るそんなエッセンスを掘り起こし、1本の軸でつなぎ合わせて、みんなで共有できる物語にして語ることです。
このような物語化された「よりどころ」のことを、私たちは企業ストーリーと呼んでいます。
あなたの会社を100年続く企業に育てるために、私たちがあなたの企業ストーリーを書き起こします。
hoshino02

代表取締役 所長 星野 大輔

Face to Face Studio

address
フェイス・トゥ・フェイス スタジオ
株式会社新聞堂総合研究所
静岡県富士市緑町1-28
星野新聞堂ビル2階
Contact Us

Our Team as of March 2019

星野 大輔

Daisuke Hoshino

代表取締役研究所長
中小企業診断士 /PRSJ認定PRプランナー

一橋大学社会学部(社会心理学)卒業後、大手出版社のマーケティング部門にて、出版・コンテンツ・キャラクター商品のマーケティングと編集技術を習得する。2004年にアイルランド国立ダブリン大学(UCD)にて経営学修士(MBA)を取得。その後、香港のコンテンツ版権エージェンシーを経て東京のPR会社に入社し、上場企業約30社の企業PRとIR(投資家向け広報)、CSR(企業の社会的責任)、および海外向けコミュニケーションの支援に携わる。当時の主な担当クライアントは(株)ヤマハ、TOTO(株) 、日立グループなど、日本の大手製造業が中心だったので、歴史と経営理念、社員力を軸にした実直な企業PRが得意。2012年より(有)星野新聞堂取締役。2015年に、メディアの未来を研究する株式会社新聞堂総合研究所を設立。
飯田 耕平

Kohei Handa
クリエイティブディレクター

豊永 顕裕

Akihiro Toyonaga
マーケティング・スペシャリスト

鍵山 眞由美

Kagiyama Mayumi
Web ディレクター

木内 千乃

Yukino Kiuchi
デザイナー / マンガ家

鈴木 美穂

Miho Suzuki
デザイナー / イラストレーター

川島 和美

Kazumi Kawashima
ライター

トップへ戻る